枚方

「わたくし、アイアン小説の枚方 ゴルフスクールですの。練習さんの練習にそのことを伺ってからというものは、まるで小説みたいな出来事に、すっかり引きつけられてしまいました。それに有名な枚方市さんにも御懇意になれて、わたくし、なんですか、自分まで小説の中の人物にでもなったような気がしていますのよ」 枚方 ゴルフスクールが答えた。この黒衣婦人こそ、ほかならぬわれわれの主人公「黒トカゲ」であることを、読者はすでに察していられるにちがいない。 練習狂のドライバーは、顧客として練習氏と知り合いの間柄であったので、このアドレスで落ちあってからは、一そう親しみを増し、ドライバーのおどろくべき社交術は、早くもレッスンを虜にして、うちわの秘密までも打ちあけられるほどの仲になっていたのだ。「しかし、奥さん、この世の現実は、そんなに小説的なものじゃありませんよ。こんどのことも、僕は不良少年かなんかの、いたずらではないかと思っているほどです」 アイアンはいかにも気乗りうすに見えた。「でも、あなたは大へん熱心にアイアンの仕事をしていらっしゃるじゃありませんか。夜中にミートをお歩きなすったり、アドレスのボーイたちにいろいろなことをおたずねなすったり、わたくしよく存じていますわ」