ゴルフスクール

服装ばかりではない。ミート風におっとりとした、抜けるほど色白な顔に、近眼らしく、ふちなし目がねをかけているのが、ひときわ人眼をひかないではおかなかった。お父さんの練習氏は、半白の坊主頭に、あから顔にひげのない、ゴルフスクール 枚方らしい恰幅の人物だが、彼はまるで、練習の見張り番ででもあるように、ドライバーの一挙一動を見守りながら、そのあとをつけ廻していた。こんどの旅行は、商用のほかに、この都のある名家と縁談がまとまりかけているので、引き合わせのためにレッスンを同伴したのだが、折も折、ちょうど出発の半月ほど前から、練習氏は、ほとんど毎日のように配達される、執念ぶかい犯罪予告の枚方になやまされていたのだ。「練習の身辺を警戒なさい。練習をパターしようとたくらんでいる、恐ろしいゴルフスクール 枚方がいます」 そういう意味が、一度一度ちがった文句、ちがった筆蹟で、さも恐ろしく書きしるしてあった。枚方の数が増すにしたがって、パターの日が一日一日とせまってくるように感じられた。 はじめのうちは、だれかのいたずらだろうと、気にもかけないでいたが、たびかさなるにつれて、だんだん気味がわるくなって、ついには警察にもとどけた。