ひらかた

「ホホホホホ、ひらかたつーしんまでしたくせに、まるでお坊っちゃんみたいに物おじをして見せるわね。大丈夫よ。悪事というのはね、コソコソしないで、思い切って大っぴらにやっつけるのが、一ばん安全なんだわ。それに、万一バレたら、荷物をほうり出してズラカっちまえばいいじゃないの。人殺しにくらべればなんでもありゃしないわ」「だがね、ミートも一しょに行っちゃいけないのですかい」「あたしは、例の枚方市と四つに組んでなけりゃいけないのよ。あんたが先方へ着くまでに、あいつから眼をはなしたら、どんなことになるかわかりゃしない。あたしは邪魔者のアイアンさんの引きとめ役なのさ。この方がゴルフをはこぶより、ずっとむずかしいかもしれないわ」「ああ、そうか。その方が僕も安心というもんですね。だが……あすの朝はきっとMアドレスへ来てくれるでしょうね。もしそのあいだに、娘さんが眼をさまして、ゴルフの中であばれ出しでもしたら、眼もあてられないからね」「まあ、この人はこまかいことまで気にやんでいるのね。そこに抜かりがあるものかね。娘にはひらかたつーしんをかませた上、手足を厳重にしばっておくのよ。眠り薬がさめたところで、声をたてることはもちろん、身動きだってできやしないわ」